旅人の声


by lefty_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 01月 03日 ( 1 )

気になるぅ・・。

何もすることなく暇やったんで、暇つぶしに OM Rest House に備えてあった”週刊朝日”を手にとって読んでみた・・。

気になる見出し発見!!

『目の不自由な「写真家」たち』


”ん?目の不自由な写真家たち?目が見えない人たちが、一体どうやって写真を撮るってゆうんやろう!??”

”視覚を閉ざされていて、一体どうやって撮るのか!??”

”何よりも「ファインダー」とゆうものが、どんなものか理解できるのやろうか!??”



◆みなさんは・・たとえば全盲で、まったく外の世界を見たことのない子供がファインダーをのぞいては、撮影するという行為を想像できますか?


写真好きの俺は、興味をそそられて一心に読み始める・・。


どれも本当に見えているとしか思えないアングルで、かつ、あったかくて生き生きした写真ばかりとのこと・・。


”う~ん。ホンマかいな!??”


理由は・・
その人たちは親や先生や兄弟や、色んな人たちからたっぷりと愛情を受けて育ってるから、こんな写真が撮れるのやそうだ・・。
以前、愛情に恵まれない子供たちに写真を教えた際は、彼らは壁とか窓とか空とか寒々しい風景しか写してなかったのやそうだ・・。


”う~ん。なるほど~!!”


納得するも、果たして本当にそうなのやろうかとまだ作品をみてない俺は、未だに疑問を抱く。


しかし、どこを探しても・・肝心の作品が載ってない・・。


よ~くみると、最後の方に・・


『写真をみたい方は、写真展が下記の通り開催されますので足を運んでみてはいかが!?』


”なんだ、こりゃ~!!”


しかし、その”週刊朝日”去年のモノやで。写真展終わってるやん・・007.gif


”てゆうか、その人たちの作品をいくつかは掲載しろって!!マジ、気になるやんか!?”


それは、さておき・・
俺は、”目が不自由なら写真は撮れない。やって、目が見えないから”と最初から決めてかかっていた部分があった。
そんな自分が、恥ずかしかった・・。
最初から、決めてかかっては・・自分自身が狭くなる。

そぅ、思った出来事でもあった・・003.gif


そんな勉強になるも、後味の悪いコラムでしたぁ~026.gif


◆みなさんは、目の不自由な人たちが撮った写真をみたことがありますか?



”やっぱ、むっちゃ気になるやんかよぉ~!??”
[PR]
by Lefty_21 | 2008-01-03 20:00